トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

カスタマイズ

最小構成パッケージ編集

カスタマイズ版Heimdallr作成ガイドライン
からダウンロードできます。

exe\Heimdallr.exe編集

実行ファイル本体です。
最小構成パッケージ1.00に入っている物は
ファイルバージョン:1.6.0.0
詳細項目ファイルバージョン1.07
MD5:6217573a9d761fcfb85f2db0826cde1a

exe\HeimReg.exe編集

なんだろうコレ…

exe\init.xml編集

OEM版の中核となるファイル。
このファイルの内容次第で
Heimdallrの第一印象が全然違う物になります。

init.xml仕様

exe\custom.xml編集

OEM版のバージョン情報表示などに関わるファイル。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?> 
<CustomInfo xmlns="http://www.sutosoft.com/applications/heimdallr/data/1">
  <Name>CustomizedHeimdallr</Name>
  <Version>1.0</Version>
  <Copyright>(C) Hoo</Copyright>
  <Producer>http://www.example.com/</Producer>
  <Mutex>http://www.sutosoft.com/applications/customizedheimdallr</Mutex> 
  <Registry>
    <CompanyName>Hoo</CompanyName> 
    <ApplicationName>CustomizedHeimdallr</ApplicationName> 
  </Registry>
</CustomInfo>
Name
バージョン情報で表示される名前
Version
バージョン情報で表示されるバージョン
Copyright
バージョン情報に表示されるCopyright
Producer
リンク
Mutex
同時起動判定用のMutex名。省略するとhttp://www.sutosoft.com/applications/heimdallrになります。
Registory
OEM版が使用するレジストリのパスを指定します。
Registory/CompanyName
レジストリのパスのうち会社名相当の部分を指定します。省略するとSutoSoftになります。
Registory/ApplicationName
レジストリのパスのうちアプリケーション名相当の部分を指定します。省略するとHeimdallrになります。

CustomInfo xmlns編集

http://www.sutosoft.com/applications/heimdallr/data/1
固定のようです、別の値にすると認識してくれません。

OEM版とオリジナル版の同時起動編集

OEM版は、Mutex、Registry/Hoo、Registory/CustomizedHeimdallr
の3つにデフォルト値とは異なる値を設定することにより、オリジナル版と同時起動することができます。

表示例編集

custom.xmlが存在しない状態では、以下のように表示されます。

インストーラー作成編集

Heimdallrのインストーラー作成にはInno Setupの使用が推奨されているようです。
今回はその使用方法をご案内します。

関連URL編集

http://www.jrsoftware.org/
Inno Setupはこちらからダウンロードできます。

http://www.istool.org/default.aspx/
IS Toolはこちらです。

使い方編集

MASATOさんの日記にあります。
Inno Setupの使用例(1/3)
Inno Setupの使用例(2/3)
Inno Setupの使用例(3/3)

最新版を使いたいという奇特な人は

Inno Setupを使ってみよう
こちらで、インストールから日本語化、インストーラー作成まで適当に書いておきます。

お名前: コメント:
heim023.jpg heim032.jpg

この文章へのトラックバックはTrackback(0) です。




最終更新時間:2006年07月05日 04時22分52秒

bfl@w.sakage.ccには絶対にメールを送信しないでください。